Tuesday, 2 June 2015

今日のメニュー #84

1、ヴィシソワーズ

暑くなると食べたくなるのがこれ。今回は定番のジャガイモで。ジャガイモをボイルして、ニンニク、玉ねぎ、コリアンダー、鶏がらスープの素、生クリーム、ミルク、クレージーソルトをミキサーして、弱火で火を通して最後にウォッカを垂らし、冷蔵庫で一晩。泡でいきたいですね。シャンパーニュだったら最高。





2、アボカドサラダ

新玉ねぎのスライス、ベビーリーフ、ルッコラ、コリアンダー、バジル、トマト、アボカド、マンゴーなどにクレイジーソルトとエクストラバージンオイルを振りかけて、レモンかライムをちょいしぼ。さっぱりして旨いよ。泡でもいいし、白ワインでもいい。






3、牛すじジュレとサーモンのテリーヌ

牛すじジュレは、近江牛の牛すじを2度茹でこぼして一口大に切って、赤ワイン、塩、黒胡椒、白だしで煮る。煮えたら型に入れて冷蔵庫で一晩。硬めにしたければ、ゼライス1袋を加える。
サーモンテリーヌは、アスパラと人参のグラッセを適当に切って型に入れ、その上から比内鶏の卵6個、生クリーム、塩、白胡椒、スモークサーモンをミキサーして流し込み、オーブンのトレーに水を張り、型にアルミホイルをかぶせて180度60分。粗熱を取ったら冷蔵庫で一晩。泡でもいいし、白ワインでもいい。



4、天使の海老のアヒージョ

青森のニンニク2個を適当に切り、天使の海老8尾をぶつ切りに、ひらたけは石づきを落として手でバラして、鷹の爪人数分を手でちぎってトッピングし、クレージーソルトとエクストラバージンで煮る。ニンニクは、透明になってくるまで煮ると甘くなって臭わない。海老はカリカリになるまで煮ると、皮が美味しい。これをパン・ド・カンパーニュにつけて食うと、極楽。これは、カヴァです、絶対に。




5、大人のアイスクリーム

ブルーチーズと生クリームを湯せんで溶かしてハーゲンダッツに掛けたもの。しょっぱくて臭い。これと赤ワインを一緒に飲むとあーら不思議、口中に広がる至福の味わい。これが大人の味わいというものである。





JOIN OUR PROJECT BISTROT HIRO 

No comments: